厳選された品質 織り目数の違いとは?|創業20年のギャッベ専門店「ギャッベハネ」はカシュガイ族手織敷物協会代理店。今年で開校10年目の【ギャッベの学校】では世界遺産の技術が習得できます。

ギャッベ・ハネ
  • ログイン
  • 買物カゴ
手織敷物協会総代理店。直輸入の割引価格
敷物のサイズ。日本で使い易い大きさ
厳選された品質。織り目数の違いとは?
ギャッベのメンテナンス方法
手織りギャッベの製作の様子
カシュガイ族は草木染めの達人!
●ギャッベの滑り止め
ギャッベの両端にはダーク・ブラウンのベルトのようなものが縫いつけられています。
これはギャッベの滑り止めです。ギャッベをフローリングの床に敷いた場合、滑る可能性のあるものにのみ、すべり止めの処置が施されています。
ギャッベの本場、カシュガイ族の遊牧民はフローリングの床とは無縁ですので、もちろん滑り止めは使っていません!
ギャッベの滑り止め
10cm幅に21目 ●10cm幅に21目
「目が粗い=毛足が長い」ため、ギャッベの表地はふわふわです。
ぬいぐるみのような、やさしい手触りのギャッベをお求めの方に、喜ばれています!
制作にかかる時間は、比較的、短くいため、お求め易い価格となっている点も魅力です。
とかく「リーズ・ファン」の多い日本ですが、ふわふわギャッベも密かなブームになりそうな予感が!
10cm幅に35目 ●10cm幅に35目
「10cm幅に21目」のギャッベよりも目が細かく、ギャッベの表地は表情に富んでいます。光線の角度によって様々な色合いを楽しむこともできます!
「目の粗い、ぬいぐるみのようなふわふわギャッベでは物足りない。でも目の細かい、リーズには遊び心が足らん!」とお考えの方にお薦めです♪
10cm幅に52目=リーズ ●10cm幅に52目=リーズ
もっとも目の細かいギャッベで、通称は「リーズ」(ペルシャ語で「細かい」という意味)。
「目が細かく、毛足が短め」であるため、ギャッベの表地は、シルクのように滑らかな手触りとつやを持ちます。目が細かいため、繊細なデザインも多く見られます。
「10cm幅に21目」のギャッベに比べると、2〜3倍の制作時間が費やされるため、高い価格がつきます。ヨーロッパの高級ギャッベ・ブランドなどで、よくお目にかかるタイプです。